村田明子オフィシャルサイト » Blog Archive » 家にある全身鏡のお話

家にある全身鏡のお話

いつものブログは日々のなんということもないことを書いていますが、

たまには、女性にウケそうなブログを書いてみようと思います(笑)

世の女性のすべてとは言いませんが、多くの女性が自分の体のスタイルを気にされていますよね。

かくいう私自身も、自撮りをしたり、たまに写真を撮られたり、一緒に写ろうと言われたり、

SNSに写真が載ることが多いので、極端ではないですが、少しは気にします。

うちの家族がことあるごとに私の体系について言うほどは気にしてませんけど(;・∀・)

さて、前置きはこのくらいに、本題に行こうと思うのですが、

皆さんは鏡、とくに全身鏡はお家にあるのでしょうか?

もしかしたら、無いという方もいらっしゃるかもしれません。

だって私の実家もリフォームした時に全身見れる鏡を設置したので、

私が実家で暮らしていた10代のころは全身鏡はなかったと記憶しています。

東京に出てくる時に買った全身鏡は私の身長と同じくらいの縦、横はざっと30㎝くらいでしょうか。

とても細長いタイプの全身鏡を購入しました。

そして、その鏡は玄関の横「かつ」台所の隅という立地です。

玄関の横ですから、出かける前に全身チェックができるのはもちろん、

台所の隅にありますので、ある程度の距離を取って、自分自身を見ることが出来る利点があります。

そう、全身鏡からある程度の距離を取れることが重要じゃないかなーって思うんです。

友達の家やホテルなど、通路の側面に鏡が設置されているとき、

どうしても上から下に視線を移して見ることになります、距離が近いから。

でも、外で人が全身を見る時って、遠くからやってくる、また離れた位置にいる時に見るものですよね。

だって、近かったら、基本的に胸から上を見るじゃないですか、普通、会話したりするにしても。

と、いうことで、全身見られるときは全体像を見られる、

つまり、コーディネートの時などもパッと自分の姿が見える方がいいと思うんです。

そして、もう一つ、全身鏡を見る機会は、生活するうえでどのくらいの頻度があるかって事も重要です。

玄関や通路にあるということは、そこまで行く用事がないと全身鏡を活用しません。

だけど、私の場合、台所の隅にあるということで、

私の大好きなコーヒーのお湯を沸かすとき、湧いたお湯でコーヒーを作る時、

冷蔵庫の中のものを取りに行く時、食器を洗うとき、はたまたお風呂上りにも、全身が髪の前を通ります。

しかも私が自分の部屋にいく時にちょうど目に入る位置に立ってるんですよね、鏡。

なので、私は生活の中で幾度となく自分の全身が目に飛び込んでくるのです。

とある本にも書いてありました。

「上達のコツは生活の一部にしてしまうこと」って。(o^―^o)

普段からたくさん自分の全身を見ているとやっぱり目につくポイントが見えてきます。

ちなみに私は東京に来てからの方が、つまり全身鏡のある生活の方が、

鏡の前でポージングを取ったり、独自の踊りをしてみたり、バーレッスンもどきをしてみたり、

と、身体のラインや動きを気にするようになりました。

さて、ここで、全身鏡の置き方についてお話したいと思います。

よくデパートや洋服売り場さんなどでは、

鏡の向きやライティングによってスタイルがよく見えるようになっている、ということを見聞きします。

そりゃ、新しい服を着た方が自分がよりよく見える方が、その服を買いたくなりますもんね(^_-)-☆

実際、私の全身鏡も若干斜め上を見るように設置されています。

つまり壁に立てかけてあるような形ですので、鏡と床と壁で三角形のすき間があります。

この置き方、実際よりも足が長く見えるのです。( ̄▽ ̄)ノ

つまり、実際よりいい感じのスタイルのいい自分が見えるということです。

一時、実際に見えるのよりきれいに見えるなんて、家でそう見えるだけなんて意味ないじゃないか!

と思ったこともあります。(鏡を垂直置きにしてみようとしたり)

でも、いつも見る家の鏡で、すらっと足の長い自分を常に見ていると、おのずとセルフイメージが向上します(`・ω・´)ゞ

思い込みってことになるとは思うんですが「自分はこれだけいい感じなんだ」と思えると、

自信につながって、気持ちの余裕から表情がほぐれて豊かになると私は思ってます。

また、少しでも自分の容姿に「いいね!」といいう部分ができてくると、

鏡の前で、ピリッと緊張してくると思います。

この鏡の前の一瞬の緊張がつもりつもっていいスタイルをキープしているお手伝いになっているんじゃないか。

なんて、私は思って、日々鏡が目に入って自由時間の時は、

足が細く見える向きとか、腰の手の位置とか、肩の開き具合とかをポーズを変えてチェックしていたり。

って言っても、何分もやったりはしませんが(私はやった方がいいのかもしれませんが)(;´∀`)

以上、

私にとっての全身鏡について、

置く位置はよく視界に入るところ、鏡から距離がとれるところ、鏡の向きはちょっと斜めにする、

ということを書かせてもらいました。

なにか琴線に触れることがあれば、幸いです(n*´ω`*n)

【いつものネット活動】

instagram:https://instagram.com/akik0murata/
 
webラジオ:
村田明子の深夜なカフェ 
あこなお!
あーことみゆゆーのパンドラの箱 
 ※ 配信記事の一番下に「▶︎」再生ボタンがあり、メールフォームからお便りが送れます。
 ※ 収録、配信は変更になる可能性があります。最新情報はTGAStudio様でご確認下さい。

アメブロ:「あこなお!」ブログ

Twitter:akik0murata

ツイキャス:村田明子のうにゅぅ(´・ω・`)あわー(修行中!)
※ アーカイブを見ることができます。

コメントは受け付けていません。

Categories
Search