村田明子オフィシャルサイト » Blog Archive » 連続クッキーづくりから学んだこと!

連続クッキーづくりから学んだこと!

予言からの【1回目】のクッキーづくり!!\(^o^)/

↑レンチン1分で溶かしたバターと砂糖を混ぜました。

↑溶いた卵を3回に分けて混ぜ合わせ、

↑薄力粉を分量の3分の1ずつ、

↑薄力粉1回目の混ぜ合わせ終わり

↑薄力粉2回目の混ぜ合わせ終わり、

↑このくらいから手で混ぜ合わせるとレシピにあるので手で混ぜます。←←ここが次作との分岐点!

↑ぱさぱさの生地が出来上がり、、、、ちょっと粉っぽい。(;・∀・)

↑生地を4分割して、

↑棒状に伸ばしてラップに包む!!

↑一時間冷蔵庫で冷やしてから、カットしてクッキングペーパーに乗せる!!

↑180度のオーブンで21分くらい焼いたら完成!!\(^o^)/

↑お皿に乗せて冷やせば、硬いクッキーの出来上がり♪♪

↑使った道具はこちら(^▽^)/お疲れ様でした。

前のブログのとおり、予言はきちんと遂行されました。

今回、バターや砂糖、薄力粉などの軽量からやらなきゃいけなかったのと、

撮影したのもありますが、生地作りに50分かかりました。

味は前に作ったのとほぼ変わらない、おいしさでぺろりと平らげました(笑)

そして、その数日後、もう一度作りたいという衝動が私を突き動かしました(`・ω・´)ゞ

【2回目】

今回は前回のように撮影しない、分量の量り方も分かってて手順も見なくてもできたので、

サクサク進めることが出来ました。

卵を溶いて、混ぜる時、3段階に色の変化が楽しめて、

クッキーを作りながら初めて女の子がお菓子作りを好きになる気持ちがなんとなくわかりました。

滑らかに溶け合って、クリーム状になる様がとてもきれいで、なんだかワクワクするのです♪(^▽^)/

そして工夫したことの一つに、手でこねる段階を遅らせました。

前回、ぱさぱさな生地になってしまったので、

今回は手で混ぜるのではなくしっかりとゴムヘラを活用し、

薄力粉と生地をカットするようにして混ぜ合わせていきました。

すると。。。。(゚Д゚)

生地がつるっつるになりました♪\(^o^)/

4つに分けて伸ばしても、若干手にくっつく感じ♪

焼き上がりのクッキーはちょっと色味の濃いものになりました♪

生地を切る時に包丁を前後に動かさずにサクサク上からおさえることで、

断面図がきれいになりますし、形はつどつど手で直せば問題ありません♪(^▽^)/

今回、めずらしく日にちを空けずにクッキーを作ったことで、

使う道具や自分の動きの流れを把握していたので、

軽快に進んで行き、とても楽しくお菓子作りをすることが出来ました。

全体の流れが分かっている中でやるのは簡単であるとわかりました。

実家に帰った時、よく母から『想像して(料理の)準備を手伝って』

と言われるのですが、私は母の提示した献立表から全体の流れを汲み取ることができないので、

いつでも、何をしたらいいのか聞いてからになってしまいます。m(_ _)m

私の料理スキルが向上すれば、もう少し料理手順のイメージが湧きやすくなるのかなぁ。。。

なんてことも、このお菓子作りの中で感じたことでした。

おしまい。(^▽^)/

【いつものネット活動】

SHOWROOM:『村田明子のうにゅぅ(´・ω・`)あわー
※毎日配信!!毎週月曜22時からは顔出し動画配信!ゲリラ動画配信も!?(←超激レア!!)

instagram:https://instagram.com/akik0murata/
 
webラジオ
村田明子の深夜なカフェ 
あこなお!
あーことみゆゆーのパンドラの箱 
 ※ 配信記事の一番下に「▶︎」再生ボタンがあり、メールフォームからお便りが送れます。
 ※ 収録、配信は変更になる可能性があります。最新情報はTGAStudio様でご確認下さい。

アメブロ:「あこなお!」ブログ

Twitterakik0murata

コメントは受け付けていません。

Categories
Search