村田明子オフィシャルサイト » Blog Archive » 私にとってドンピシャな稽古!!

私にとってドンピシャな稽古!!

昨日の稽古は、とっても、とっても、充実していました。

「よつあしダディ!」の稽古では、

演出家の鈴木結沙さんが「スタシステム」という演劇の手法を教えて下さいます。

セリフの言葉やセリフの言い方ではなく、感情が在るならば伝えることが出来る。

というものです。簡単に言うと(^w^;)ノ

そして、昨日の稽古では台本を「棒読み」しました。

そうすると、セリフになって書かれている意味がわかるし、だれに向かって喋った言葉なのか、

そういう、基本中の基本が、よく、よぉぉぉく、わかるんです。

私は、台本の流れを大事にするんですけど、

台本の流れを追っていくと、ついつい、この「基本中の基(き)」が疎かになるんです。

私は、今までに舞台の経験があるので、台本をもらって、台本を読んで、

ある程度、人物達の交流や物語の流れを理解することができます。

でも、きっちり、ひとつひとつ、順序正しく、

「こうなる、だから、こう変化する。そして、こう考えて、また、こう切り返す。」という、

細かい階段をしっかりと、理解することで、細やかな繊細な演技が出来ると、私は思います。

私は、このセリフはこんな雰囲気だろう。という大まかな流れで台本を読んでしまう癖があり、

それでは、なかなか演技が定まらないことがあります。

なので、昨日の稽古の時、台本に描かれた関係性を、スコープのように、拡大し、じっくりと、

順序立てて、組み立てていくことは、私にとって、とても必要な稽古でした。

また、感情があっても、我慢してセリフを棒読みするため、濃密な空気が漂います。

さらに、セリフとセリフの間の時間を長くすることで、

役者たちの感情がより増幅され、見る側にも集中力を要する濃厚な空間にもなったりしました。

おかげで、稽古終わりには、ぐったりとする疲労感はありながらも、

とても充実した稽古を受けられて、とてもとても嬉しかったです(^▽^)ノ

明日の稽古も楽しみです!!(>▽<)

コメントは受け付けていません。

Categories
Search